• PUZZLIAR

赤ずきんは眠らない|ボードゲームルール紹介


赤ずきんは眠らない

このゲームは、おおかみ役となった1人のプレイヤーが、それ以外のこぶた役のプレイヤーが寝ているのか、罠を仕掛けているのかを予想し、無防備(寝ている)だと思う1人を指名して襲い、結果に応じて得点を稼いでいち早く10点を稼いだ人が勝利するゲームです。

ゲーム概要

プレイ人数:5~6人 プレイ時間:15分

ゲーム評価

ルール難度:★★☆☆☆ 論 理 性:★★☆☆☆ 嘘  :★★★★☆ 交 渉 力:★★☆☆☆ 直   感:★★★★☆ 運  :★★★☆☆ ※パズリア独自見解によるものです

ゲームの準備

各プレイヤー、おやすみカードとトラップカードを持ちます。

ゲームの進め方

  1. 第1ターンは、ゲームマスターが役割カード(狼カード:1枚と子豚カード:プレイ人数-1枚)をシャッフルし、プレイヤーに配ります。

  2. 役割カードをオープンし、狼役と子豚が誰なのか、お互いにわかるようにします。子豚カードには点数も書かれているので、それも全員で確認します。

  3. 役割が確認できたら、子豚のプレイヤーはおやすみカードかトラップカードのどちらかを伏せて前に出します。

  4. 狼のプレイヤーは、出されたカードがそれぞれおやすみカードなのかトラップカードなのかを推測し、おやすみカードを出していると思うプレイヤー1名を指名し、襲います。

  5. 襲われたプレイヤーはカードをオープンします。

  6. おやすみカードだった場合は、襲われたプレイヤーのカードに書いてある点数を狼のプレイヤーが獲得します。

  7. トラップカードだった場合は、襲われたプレイヤーがカードに書いてある点数を獲得します。襲った狼は、その点数分だけ持ち点から失います。マイナスになることはありません。

  8. 襲撃に関係していないプレイヤーのうち、おやすみカードを出していたプレイヤーは、子豚カードに書いてある点数を獲得します。トラップカードを出していた場合は点数は獲得できません。

  9. 次のターン以降は、襲って失敗した狼もしくは襲われて食べられてしまった子豚が、次のターンの役割カードを任意で配布します。自分で狼を選んでも構いません。

  10. これを繰り返し、最初に10点を稼いだプレイヤーが出たらゲーム終了です。

勝者の決定

  1. 獲得した点数が高い順に上位となります。

Amazonで購入


0回の閲覧