• PUZZLIAR

ベタリィ|ボードゲームルール紹介


ベタリィ

このゲームは、手札のカードの数値が他のプレイヤーより高いかを考えてデュエル(勝負)するかどうかを選択し、デュエルによってたくさんのキャンディを獲得すること目指すゲームです。

自分の手札を見ながら勝負するかどうかの判断をする様子は、ポーカーの”テキサスホールデム”にも似たゲーム性でスリルある駆け引きが楽しめます!小瓶に入ったコンポーネントやカードイラストが可愛いのも特長のゲームですね♪

ゲーム概要

プレイ人数:3~5人 プレイ時間:10分~15分 推奨年齢:8歳以上

ゲーム評価

評価項目5段階評価

ルール難度簡単 ★★☆☆☆ 難しい

論理性低い ★★★☆☆ 高い

嘘の重要性低い ★★☆☆☆ 高い

交渉力不要 ★★★☆☆ 必要

直感低い ★★★☆☆ 高い

運要素少ない ★★★☆☆ 多い

※パズリア独自見解によるものです

セット内容

  • キャンディカウンター 30個

  • カードチップ 15枚

  • 説明書

ゲームの準備

  1. キャンディカウンターをプレイヤーに5つずつ配ります。

  2. 親プレイヤーを決めます。

ゲームの進め方

  1. カードチップを各プレイヤーに2枚ずつ配り、余ったカードを場に伏せます。

  2. プレイヤーは、自分に配られたカードを確認し、1枚を左横のプレイヤーに渡します。

  3. 親から順番に「チェンジ」をするのか、しないのかを選択します。

  4. 「チェンジ」とは、自分の手持ちカードチップを指名したプレイヤー、もしくは場と交換することです。

  5. プレイヤーとの交換時はお互いに任意のカードを、場との場合は自分の交換したいカードチップを場に「表」にして置き、場から好きなカードチップを1枚取ります。

  6. 他プレイヤー場と交換したカードチップとの交換も可能です。

  7. チェンジが一巡したら、今度は順番に「デュエル」をするのか、しないのかを選択します。

  8. 「デュエル」とは、手持ちカードチップの大きい数字から小さい数字を引いた数を持ち点として戦うこと、持ち点が一番高い人が勝者となります。(特殊カードチップについては以下を参照)

  9. また、一位が複数名居た場合は、次点の持ち点者が勝者となります。次点が居なかった場合は、そのデュエルは無効とし次のゲームに入ります。

  10. デュエル参加者が全て確定したら、参加者はカードチップをオープンしてデュエルを行います。

  11. 以下のルールに沿って勝者が確定したら、デュエル参加者はキャンディカウンターを1つ勝者に渡し、さらに場のキャンディカウンターも1つ渡します。

  12. カードチップを回収し、シャッフルしたら親を一つ隣の人に交代し、場のキャンディカウンターがなくなるまで1~6を繰り返しプレイします。

ゲームの終了

  1. 場のキャンディカウンターが1つになったらラストゲームです。最後のゲームは全員が強制的にデュエルへの参加が義務付けられます。

  2. ラストゲームが終わったら、各プレイヤーは自分のキャンディカウンターを数え、一番多く持っているプレイヤーが勝者です。

カードの効果

  1. +1カード デュエル時に、場に出たカードチップの「一番大きな数字+1」の数字カードチップとして扱います。 例)場の最大カードが12だった場合、「13」のカードとして扱う。

  2. -1カード デュエル時に、場に出たカードチップの「一番小さな数字-1」の数字カードチップとして扱います。 例)場の最小カードが1だった場合、「0」のカードとして扱う。

#3人で遊べる #4人で遊べる #5人で遊べる

最新記事

すべて表示

学生集めちゃいました!PUZZLIARゲームパーティ

こんにちは!パズリアのRisaです! 今回はイベントはいつものパズリアとはちょっと違う! テーマはずばり「学生」! 平均年齢をぐーんと下げまして、学生さんイベントにしてみました! あふれる若さでまるっと1日遊びつくしましょう! 普段なかなか出会えない、共通の趣味の友達を見つかるかも? といっても学生さん限定ではないので、もちろん一般の方も大募集! みんなで遊んで学生気分に戻ってみません

コバンいただき|ボードゲームルール紹介

コバンいただき このゲームは、プレイしたカードの種類と数字によって派閥とリーダーが決まり、親となって報酬を稼ぐか、子分となってコバンザメのようにリーダーから分け前を貰うことで得点を稼いでいくゲームです。 「リーダーになりたい?どうぞどうぞ!」というキャッチフレーズの通り、リーダーを押し付けあう方が得な場合が多いので、自分の立ち位置をどう振るかが悩みどころ。周りと情報交換して探りながら駆け引きをする

Jewel Box|ボードゲームルール紹介

Jewel Box このゲームは、3×3マスで裏向きに並べられた宝石をめくったり入れ替えしながら、同じ色の宝石が1列に並んだタイミングでそれを当てられたら勝ちとなるゲームです。 たったの9マスのカードの行方を記憶していくだけですが、手番が終わるたびに入れ替わるカードが頭を悩ませます。自分の手番に丁度良く揃うような並びで回ってくる運も重要なゲームです! ゲーム概要 プレイ人数:3~5人 プレイ時間